プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

フラワーアレンジメント・レッスン
                フラワーアレンジメント・レッスン 


                       風薫る初夏

                       爽やかな

                       水と花の

                       ハーモニー

                       【photo】
       アレンジ セラピー

花材..スナップ デルフィニューム トルコキキョウ チューベローズ
     テマリソウ パニカム


今回のフラワーアレンジメント・レッスンは「フラワーセラピー」でした。

予め先生が用意して下さったお花を、思うがままに活けていきます。
活けている過程を、先生がさり気なく観察。始めに手にしたお花、使わなかったお花、何処から活けていったか、迷いは無かったかetc...。
何気ない小さな事からでも、深層心理が表れるそうです (ノ゚ο゚)ノ
そして、次回のレッスン時に、先生から色々なアドバイスをいただく形です。

テーマは「神経を和らげてくれるアレンジ」
紫、緑、白のお花は、人を和ませる力を持っています。
やはり、鎮静効果抜群のようで、活けていてもお花の色に癒されていました(*^-^)b


私が1番気に入ったお花は、薄紫色の”デルフィニューム”です。
このお花は「内面を見つめられる」お花だそうですよ。
また、ライラックに似た甘い香りのする”チューベローズ”も気になりました。
蕾のうちは香りませんが、少しでも開花しているものは、良い香りを放っていました。

どのような作品にしようか考えた時...
デルフィニュームの薄紫に”水”を
チューベローズの香りにライラックを感じ
「周りに花壇がたくさんある公園の噴水」というイメージが湧いてきました。
パニカムのさわさわした様子は、太陽の光にキラキラ輝く水しぶきに見立てています。

「噴水にしてはちょっと小さめですね。」と先生からの質問を受けましたが、前々回のレッスン時、オーバルラウンドという基本形を習った際、大きくライン取りをしてしまったため、ラインを作るお花が、足りなくなってしまった反省があったので、ラインフラワーは短めにしたのです(>_<)
なので、全体的に小さくなってしまいました~(泣)

確かに先生の言われたように、噴水ならもっと伸びやかに作ってもよかったのかなぁ...なんて思いました。
そんな事柄も、もしかするとセラピーに関係するかもしれませんねo(^-^)o


                     【sketch】
      セラピー スケッチ


ご訪問ありがとうございました
スポンサーサイト

2010.07.27(Tue) | 花のお話し | tb(0) |

フラワーアレンジメント・レッスン☆七夕☆
7月7日 今日は七夕です 
毎年恒例の七夕アレンジメントレッスンしてきました。
先生には「自由形で好きなように作って下さい!」と言われましたよ。
やった~
基本形は色々な約束事があるので難しいのです(泣)

静かな笹薮を奥へ奥へと進んでいくと...
そこには赤やピンク、白の短冊が飾られていました。
...そんなイメージです。
        
        アレンジ 七夕
               <短冊に綴る言の葉>

【花材】キリフキソウ エンジュ ミリオン バラ


去年も七夕アレンジレッスンしたってことは...
1年は経っているのですね
大きな顔してです。なんて、もう言えないですね(笑)


去年の作品です

      アレンジ 七夕(織姫と彦星)
                     <逢瀬橋>

小枝を絡ませ橋を作り、年に一度の物語をイメージしました。

【花材】ガマ スモークツリー トルコキキョウ アランダ アンスリウム


        アレンジ 七夕(星)
                 <星愛の願い>

この日を待ちわびる織姫の想いを、星にのせてみました。

去年の作品は、オアシスを使わず、枝、葉、つる、茎、根などの自然素材を
使って、お花を立てたり留めたりする「花くばり」という技法で作りましたよ。


北海道の中でも私の住む地域は、七夕を8月7日に行います。
  この日は朝から子供たちがそわそわ
  「ローソクもらい」という習わしがあり、子供たちが浴衣を着て、夕暮れ時か
  ら夜にかけて近所の家を回って歌を歌い、ローソクやお菓子をもらって歩く
  のです。

「ローソク出ーせー出ーせーよー 
           出ーさーないとー かっちゃくぞー 
                          おーまーけーにーひっかくぞー」

2010.07.07(Wed) | 花のお話し | cm(14) | tb(0) |

街路樹下のラベンダー
        ラベンダー
                白いラベンダー


歩道を歩いていても、車を運転していても
以前は特に意識していなかった街路樹下のお花が
最近は気になるようになりました。
何気に咲いている小さなお花にも心を奪われてしまいます。
今まで、勤務先と自宅往復の毎日に
道路脇を見る余裕がなかったのかもしれません。
綺麗なお花も気づかなければ、無いのと同じですね。
毎年そこに咲いていたのにね

街路樹下のお花シリーズになってしまいました(笑)
【6/29 街路樹下のあやめ】

紫のラベンダーと白のラベンダーが交互に植えられていて
2色のコントラストが北海道の初夏を彩ります

”道路脇”という事をあらわしたくて、電柱を写真の中に、収めてみました(笑)

爽やかな風が、いたずらをしているかのように
ラベンダーをゆらゆら揺らします。
ほのかに良い香りが漂っていました

なんとラベンダーの香りについては、面白いお話があり...
ラベンダーは本来、香りのない植物でしたが、聖母マリアがキリストの産着をラベンダーの花の上に干したところ、芳香を放つようになったという伝説があるそうです。

さすが「ハーブの女王」と呼ばれるだけのことはありますね

白いラベンダーの花言葉は...「私に答えてください」

2010.07.02(Fri) | 花のお話し | cm(8) | tb(0) |

街路樹下のあやめ
        道路脇のあやめ

街路樹ななかまどの下に、あやめが咲いていました
おそらく..あやめ...ですよね(笑)

時期的にもそうかなぁと思いますし、道路脇なので水辺がありません

道路脇でお花にとっては良い環境ではないので、かわいそうなのですが
楽しませてもらっています。

あやめが過ぎると杜若、花菖蒲の咲き頃となるのでしょうね。
北海道の短い花の季節を満喫しております

 この紫のあやめは「ドイツアヤメ」だそうです!
   種蒔きさんに教えていただきました~。ありがとうございます
   このようなお粗末な写真でもわかるなんて
   種蒔きさんは本当に豊かな知識をお持ちの方ですね 


     
  
        民家の庭のあやめ

勤務先のグループホームが、いつもお世話になっている病院の
すぐ傍にあるお宅です。
大きなお庭に、白いあやめが楚々として咲いていたので、そそーっと遠くから写真を撮らせていただきました
(誰の影響か?とうとうオヤジギャグ入ってきてます)

そこで気がついたのですが
あやめの奥に大木を説明していると思われる看板があります。
よく植物園などで見かけるあれです。

どう見ても個人で作ったようには見えず(笑)
然るべき所で作られたような立派なものでした。

何故、個人宅にあのような看板があるのでしょうか...。
どのような経緯で看板が立てられたのか、気になります

そう思いながら
しばらく風情のあるお庭を眺めさせていただきました

2010.06.29(Tue) | 花のお話し | cm(10) | tb(0) |

フラワーアレンジメント・レッスン
       フラワーアレンジメントレッスンに行ってきました


        アレンジ オーヴァルスタイル
               風音を綴って...

水色と黄緑の2色使いが涼しげです。
教室に入ったとたん、爽やかな気持ちになれました。

が...

今回は、難しい基本形


<オーヴァル スタイル>
2~3種類のお花で、楕円形を作ります。
更に
同じお花や同じ色で流れを作る「クラスター」を入れてください!と言う先生。
初めて聞く言葉に
なんとなく、わかったようなわからないような...
とりあえずやってみました。

はじめに受けた、清々しく伸び伸びした印象のまま
お花の量も考えず、調子に乗って大きめに作りはじめたものですから
楕円形のアウトラインに使用するものが足りなくなってしまいました...

やっぱり何度も何度も行っていきながら
感覚を掴んでいくものなのですね

終わり無き修行の道は、続くのです(笑)

【花材】
デルフィニューム (水色のお花)
 学名に「Delphinium」とついているのですが、そのつぼみの形が
 イルカ(ドルフィン)に似ているところから付いたといわれています。
 青い海の中を泳ぐイルカのイメージのこのお花は、これからの季節に
 ぴったりです。
 花言葉:あなたは幸福をふりまく

レディースマントル(黄緑のお花)
 バラ科の多年草ハーブで、綿毛のある黄緑色のレース状の切れ込みがある
 丸い葉に黄緑色の小さな花を咲かせます。
 英名は聖母マリアのマントという意味があるそうです。
 花言葉:献身的な愛

        デルフィニューム
               アクアのぬくもり 

2010.06.24(Thu) | 花のお話し | cm(8) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。