プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

君に話したいこと
        夕陽

              
              君に話したいこと


               嫌なこと ひとつふたつ

               嬉しいこと ひとつふたつ

               夕空を見上げ

               君に話したい今日を思う

               君と話したい明日を願う



スポンサーサイト

2010.07.05(Mon) | 詩のお話し | cm(7) | tb(0) |

青の未来
             青の未来


              寝転んで空を見上げると

              木々の囁きが心地よい

              目を凝らせば

              果てしない青の向こうから

              未来が微笑んでいた

              何処へ向かうのか

              何処へ行きたいのか

              確かな物は何一つ無いが

              私が見つめるこの瞬間も

              止まることなく

              時は明日へ流れている

              広い大地と広い空の間で

              私は私の未来を思う

              青く澄んだ未来を願う

        青空

2010.06.25(Fri) | 詩のお話し | cm(6) | tb(0) |

すこしだけ...
              すこしだけ...


               すこしだけ私は

               疲れてしまいました

               頑張る事も

               頑張らない事も

               笑う事も

               泣く事も


               今はただ

               大きな温もりに

               抱かれて眠りたい

               ほんの

               すこしの間だけ...

        薫る緑



時々、心の泉が涸れてしまいそうになります。
そんな時私は、自然の中に身を置きます。
少し車を飛ばせば、海、山、森が私を迎えてくれます。
大きな大きな自然に包まれると、自分の悩みなんてちっぽけで
呼吸をしていること、心臓が動いていること、手足が動くこと
当たり前に思っていたことに、感謝の気持ちが湧いてきます。
そうして心の泉が満たされていくのです。

あなたにも
大自然の癒しが届きますように...

2010.06.20(Sun) | 詩のお話し | cm(6) | tb(0) |

責任転嫁
責任転嫁


あなたが愛してると言ったから
あなたが会いたいと言ったから
恋をしかけてきたのもあなた

だから
私に責任は無い

別れるときには
「勝手な人ね」とあなたに言うの
「私は被害者」と自分に言うの




恋に限らず、全てに受身だけでいる人を見かけます。
穏やかで優しい印象を受けますが、困難が生じると、知らぬふりで関係がないような態度をとったり、相手のせいにしたり。
きっかけはどうであれ、関係がある以上は
お互いに責任があるのではないかなぁ...と思います。
自分の安全を守るために、気がつくと責任転嫁をしてしまっていた...
そんな事のないよう、私も気をつけていきたいと思うのです。

2010.05.18(Tue) | 詩のお話し | cm(6) | tb(0) |

ワンプレートディッシュ
    ワンプレート


ワンプレートディッシュ



あなたと迎えた朝は

熱いコーヒーと

ワンプレートディッシュ

大きな白いお皿に少しずつ

けだるい体には都合が良い

時に甘えて時に甘えず

サヨナラの時は泣かない

あなたの理想の女を演じてみる

心から泣かない笑わない

私は綺麗な恋をしている

立ち寄っただけのあなたには

きっと都合が良いだろう

ワンプレートディッシュみたいに





「本気で恋をすると本気で傷つく」
傷つくのが怖くて、心にガードをしてしまう女性心理を綴ってみました。
ショーウィンドーに飾られている恋は美しいけれど、ただそれだけです。
相手に本当の自分をぶつけた時の、心の底から湧き上がる想いこそが
真の輝きを放つのかもしれません。

2010.05.17(Mon) | 詩のお話し | cm(4) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。