プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

期限付きの恋 No2
5月2日<期限付きの恋 No1>の続き】


時雄が東京に戻ってから半月が過ぎた。

猫の額ほどのベランダには、時雄と一緒に種を蒔いた朝顔のつるがぐんぐん延びてきて、初夏の訪れを今か今かと待ちわびている。梅雨のない北海道はこの6月半ば過ぎからが、1年で1番気持ちの良い時期だ。久しぶりに職場を抜け出して、お昼のお弁当を大通り公園で食べてみる。噴水を眺めながら、心地よい風に耳元をくすぐられ、時雄と初めて出会ったベンチに座り、熱くて短い日々を思い出している。

時雄と出会ったのは5月に入ってまもなくの事だった。
ライラックの花の下、ちょうど、ここのベンチで声をかけられ、1ヶ月の期限付きの恋と知りながらも、その妻子ある男と時を重ねた。想いの深さとは関係なく、世間一般では認められない恋である。40代もとうに過ぎ、もうすぐ50の声を聞くという歳頃の男は、例えて言うなら、熟成されながらも情熱を失っていない、いわば1番美味しい食べごろの果実のようだ。端正な顔立ちに似合わない饒舌さは、香しい匂いを放つ果実をさらに極上のものへと変える。

「玲美は綺麗だ。それに優しいね。僕が安らげる場所は玲美だけだよ。」
甘い言葉で私を酔わすが、時雄の携帯には引っ切り無しに電話やメールが入る。それは、淋しげな女を見ると、いてもたってもいられなくなり声をかけてしまう衝動の産物だろう。
時雄は幅が広い。関係の深さは別として、おおよその検討ではあるが、おそらく10代から60代くらいまでのお相手だろう。いやそれ以上かもしれない。そのくらい時雄はどんな相手であろうときちんと向き合い、心の奥底にさりげなく入っていける技術を持っているのである。それは天性のものなのか、時雄が歩んできた人生の中で培われてきたものなのか、はたまた両方であるのか、私には検討もつかないが、時雄を形成する殆どであり、彼の生きる証であるのは間違いない。私が隣に居ようが居まいがお構い無しに、携帯の待ちうけ音がなると、そそくさと確認するのである。
始めは驚き、堪えきれない感情が吹き出した。
以前の私ならば、何も感じなかっただろう。というより、感じないように事実から目をそむけていたと言った方がいいかもしれない。嫉妬は醜く下品な女がするものだと思っていたからだ。しかし、時雄には気がつくと、思いをそのまま言葉にしていた。どのように思われようと気にしなかった。全てを受け入れてくれる安心感が、彼にはあったのかもしれないし、1ヵ月という期限が私を大胆にさせたのかもしれない。要するに私は、彼には素直に甘えることができたのだ。
「私も時雄といると自分になれる。素直な気持ちを言えるの。」

時雄の言葉も私の言葉も、嘘偽りはない。お互いを目の前にして、真実を語っている。寄り添い合い、世の中のしがらみから解放された裸のままの2人がそこにいるのである。
ただそれは1ヶ月の間の話だ。
時雄が住み着いた私のアパートから、彼が本来の家に戻ると、それぞれの生活が新たにまた再開され、それぞれの人生がまたスタートする。

時雄と出会う前までの私は、時折自分で自分の気持ちが分からなくなるほど、感情を抑えていた。それは、子供の頃に、喧嘩の絶えなかった両親を見て育ったせいかもしれないが、感情をあらわにする事を私は極端に嫌った。汚い言葉が飛び交う家での生活は、それを否定するかのように、いつしか偽りの綺麗な言葉だけを選んで生きるようになっていた。
そんな私を変えてくれたのが、時雄である。
しかし時雄自身は、私を変えようと思ったわけでもなく、私に何を教えたわけでもない。いつものように淋しそうな女に声をかけ、相手の望む限りを尽くしただけである。それが彼の生きがいだからだ。
私は時雄と過ごした1ヶ月、心の底から泣いて笑った。生きていると肌で感じた。

時雄との最後の日は、この世の光がいっぺんに消えたかと思うほど暗闇に覆われ、3日3晩泣き続けた。
しかし泣き疲れた後に残ったものは、雨上がりの虹のように清々しい気分だった。
ふとベランダに目をやると、朝顔の葉から朝露の雫がぽたりと落ちていった。来月にはこの朝顔も綺麗な花を咲かせるであろう。

職場の近くの大通り公園は、穏やかな昼下がりを楽しむ人々が、今日も大勢集まっている。先月までライラック祭りが開かれ、にぎやかに褒め称えられていたライラックには、もう誰も見向きもしない。そんな周りの雑踏など気にもせず、来年また綺麗な花を咲かせるために精一杯、太陽の光を受けている。

「思いのままに生きているから、花は美しいんだよ。」
時雄が私にくれた最後の言葉だった。
スポンサーサイト

2010.06.15(Tue) | 短編物語のお話し | cm(10) | tb(0) |

期限つきの恋 No1
その男と話すと、誰もが彼の世界に引き込まれる、そんな男だった。
博識で、世間の情報が全て彼の元に向こうから集まってくるのではないかと思うくらい、よく物事を知っていた。そして、使う言葉を相手に合わせることを忘れず、まるでクリームのように会話を滑らかにする技術にも長けていた。聞き役でいるだけで、私自身が知的で立派な人間になっていくような気になった。

「ここ よろしいでしょうか。」見知らぬ男が声をかけてきた。
「どうぞ。」歳は40後半くらいだろうか。
スーツに隠している体は、太りすぎも痩せすぎもせず、上品さを香らせていた。何よりも、鼻筋がスーッと通った涼しい目元の端正な顔立ちが人目を引いた。
「今日は花冷えですね。」
「ええ、そうですね。」
「今にも季節外れの雪が降りそうなくらいですね。」
それが時雄とはじめて交わした言葉だった。

私は5歳年下の男と別れたばかりだった。彼は自由で我がまま、気の向いたときだけ私のアパートに転がり込み、後は好き勝手し放題。
「玲美はクールだよね。でもそこが好きなんだけどさ。」
鼻にかかった甘い声は私を刺激するが、一方で、深入りしないように距離を置いていた。そう..私は駿の前ではクールだった。
それが年下と付き合うルールだから。いつ彼が来てもいいように、何が起きても動揺しないように、心の準備は常に怠らなかった。考えてみると、年下だからというよりも、私はいつも準備をする人間だった。付き合い始めると必ず、別れのシーンを想像する。
「玲美、大事な話しがある。他に好きな人ができた。もちろん玲美も好きだけど...。」
別れを切り出された時も、さしずめ驚きはしなかった。ただ、すぐに承諾するのもおかしいし、泣くなんてもってのほか。しばらく時間を置いてから
「..幸せにね。でも何かあったら、メール頂戴ね。いつでも駿の相談に乗るよ。」そんな言葉をかけて、猫のような彼とは別れた。しかし、それっきり彼から連絡がくることは無かった。
「そんなもんよね。」

5月に入ると長かった北海道の冬にもやっと春が訪れる。今日は少し肌寒いが大通り公園のベンチで1人、お弁当を食べることにした。別れた男のせいか、あまり食欲もなく、寄って来るハトに玉子焼きを少し分けてあげた。大通り公園のハトは何でも良く食べる。甘く焼いた玉子焼きは駿の好物で、彼のお弁当には必須なおかずだった。
「玉子焼き、作ってもらってるかな...。」
別れた男を想うなんて未練がましい自分ではいたくないし、いつかこんな日がくると、いつでも準備していたはずだ。
そんな時に声をかけてきたのが時雄であった。

あの空のようにどんよりと曇っていた顔だから、声をかけてきたのだろう。私はすかさず左手の薬指に目を向ける。呪縛の印がキラリと光っていた。初めて会う男は必ず左手を観察する。結婚しているからどう、独身だからどうという事ではなく一種の癖のようなものだ。いや、もしかすると、今後の展開のあらゆる可能性に対応する為、相手の環境確認を無意識のうちにしており、それが習慣化されているのかもしれない。
2人並んでベンチに座っていると、どういう関係に見えるだろうか。
上司と部下、恋人同士。笑うと少し下がる目尻が、整いすぎて冷たく見える彼の顔を優しくさせる。

極々まれだがこの時期でも、なごり雪がちらつくことがある。雪が降りそうだと言った時雄の言葉に
「やっと咲いたライラックも寒そうですね。」そう答えた。
「良かった。君があまりにも淋しそうな顔をしてるもんで、つい声をかけてしまった。でもリラの様子がわかるのであれば、大丈夫だね。私は出張で東京から1ヶ月程こちらに来ているんです。右も左もわからない札幌で、年甲斐もなく心細くなって、こうして外に出てみたら君がうつむいていて。」
ライラックという呼び名は北海道だけの呼び名で、一般的にはリラと呼ばれている。
時雄は、すぐに言葉につまって会話がつまらない私とは違い、次から次へと言葉が流れ出る。といっても、無差別に乱れ打つ機関銃のようではなく、相手を包み込むように話をする。会話で相手を夢中にさせるとは、こういうことを言うのだろうか。発せられる言葉の一つ一つが、私の心の奥に沁みこんでいくのが、手に取るようにわかった。駿と別れたばかりの乾いた私には、特に浸透し易かったのかもしれない。

時雄の甘くとろけるようないたわりの言葉に、思いがけず涙がこぼれてしまった。彼はたまたま見つけた沈んだ顔の女に、単身である自分の不安を重ねただけであろう。まさか泣かれるとは思ってもみなかっただろうから、きっと困惑した表情であったに違いない。一筋の涙は、クールな私に似合わぬ、純真な少女が流す真珠のような雫だった。

5月の風が2人を通りすぎると魅惑の香りを漂わせて、ライラックがさわさわと騒ぎ出した。

時雄という男は、思ったことを率直に言葉にする男である。不幸顔の女が公園のベンチに1人で座っているのを見て、いてもたってもいられなかったのだろう。そのまま見過ごす事は、この男のポリシーに反する事であったのだと思う。
おそらく、淋しそうな女を見ると同じように声をかけて、相手がその気になれば、付き合うに違いない。淀みなく流れる言葉は、数え切れない女たちを通り過ぎてゆく。私もそのうちの1人だろう。

しかし私は、時雄に出逢えて自分の中の素直な感情に向き合えるようになれた。泣きたいときには泣き、怒りたいときには怒る。時雄ほど巧みな言葉で表現することはできないが、語彙不足で幼稚ながらも自分の気持ちを素直に言えるようになった。それは私にとって大きな変化である。おそらく1ヶ月後の別れのときは、人目もはばからずに泣くだろう。

彼に出逢えて良かったと思う。

たとえ期限つきの恋であっても。



ショートストーリー】
とある昼下がり、公園のベンチに座る男女を見かけました。
2人の距離は近すぎず遠すぎず。
得々と話す男性の話を、にこやかに聞いている女性。
女性をちょっぴり辛口に仕立て上げ、思いつくまま勝手に作ってみました(笑)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

2010.05.02(Sun) | 短編物語のお話し | cm(12) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。