プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

賢者の贈り物
             雪が降りました
       木々に雪が積もり、クリスマスの声を聞くと
         いつも思い出すお話しがあります。
  
      スノーツリー
              スノーツリー 


賢者の贈り物オー・ヘンリー作

貧しい夫婦がおりました。明日はとうとうクリスマス。
妻のデラはつぶやきます。
「たった1ドル87セント」
これは彼女が毎日必死にためたお金の全部。
これじゃ夫のジムに”値打ちのあるもの”を買ってあげたくても
どうしようもない。
でも彼女には宝物が一つだけありました。
それはシバの女王でさえ羨むであろうという長くて美しい栗色の髪。
「そうだわ、これを売ろう。」
髪は、20ドルになりました。これで21ドル87セントあります。
一方ジムにも大切にしている宝物の金時計がありました。
でも革紐がぼろぼろになっていました。
「あの金時計に合う上品なチェーンがいいわ。」
デラは全ての店を見て回り、とうとうプラチナチェーンを買い求めました。

帰ってきた夫のジムはデラの髪を見てたいそう驚いて力を落とします。
そしてそれはデラが想像していなかったとても謎めいた表情でした。
「あなた、私の髪がなくなったら私への愛情もなくなっちゃうの?」
ようやく口を開くことができたジムはこう言います。
「見損なっちゃ困るよ。そんなことで恋人に愛想をつかす僕じゃないさ。
ただ・・・この包みを開ければわかるよ。」

渡された包みの紐を解き、やがて泣き出すデラ。
そこには、かつて彼女が憧れていた横髪用とうしろまげ用のくしのセットが並んでいました。
無くなってしまったあの髪にとてもよく似合う色の・・・。

ひと泣きして気を取り直したデラは言います。
「私の髪ってすぐ伸びるのよ、それより私あなたの時計のチェーンを買ったの。さあ付けてあげるから出してみて。」

うなずく代わりにソファにどっと座り込むジム。
「プレゼントは片付けようよ。お互い、今すぐ使うにはもったいなさすぎるよ。実は、くしを買うお金を作るために時計を売っちゃったんだよ。」

「さあ、夕食にしよう。肉を温めておくれ。」



相手のささいな言葉から、何が欲しいか考えたり、喜びそうなものを探すのは、楽しいことでもあります。
でも、一生懸命考えて贈った物が、もう相手の役に立たないとしたら...?

オー・ヘンリー作の有名な物語。
大好きです

自分の一番大切なものを手放してまでも、お互いに贈り物をした二人・・・。
あたたかい思いやりと愛を感じるお話しです

贈り物の価値というものは、高価なものを贈ることが大切なのではなく
「相手に何かを贈りたい...喜ぶ顔が見たい...と思う気持ち」が大切なのですよね

そんな気持ちで、大切な人に贈り物ができたなら良いですね...さとと-プレゼント


雪降る夜に、ハム3が天に召されました。いろんな事を君から教えてもらったよ。ありがとう。
今夜も雪が降ってるね...。
スポンサーサイト

2009.11.29(Sun) | 日々のお話し | cm(12) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tlpb.blog62.fc2.com/tb.php/108-b341d853
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
383. ハムちゃん
ハムちゃん、残念ですね
た~くんとの時もそうだけど
出会った時から別れは始まっているって

その時を迎えたことは、とても辛いけど
ハムちゃんは、チューリップバスケットさんの
愛情を充分にわかって
天国に召されたと思います

動物って、本当に純粋だから
気を落とさないで下さいね
遙 | 2009.11.29 00:34 | edit
384. 雪の夜。。。
そうですか…ハムちゃん、天国に召されましたか・・・
健気な頑張りに私も少なからず勇気を貰いました。
ありがとう。ハムちゃん。天国で元気に走り回ってね。

「賢者の贈り物」素敵なお話しですよね!
相手を思いやる心って、どんな贈り物より尊くて素晴らしいですね。
寒い時期に思い出すには、ぴったりの暖かなお話しを
ありがとうございました☆
香奈子 | 2009.11.29 08:35 | edit
385. それからの二人
相手に喜んでもらおう
相手を喜ばせたい 八(´∀`*)…
そこから二人には思わぬ 齟齬=そご が待っていた・・・。
ここで感動して終わるかどうか・・・
人生は INGです
大切なことはそれからの二人ですね

私なら話の続きはこうしたいですね

ジム
愛するデラ これを見てご覧
 覗いてみると、胸の内ポケットにプラチナチェーンを丸く巻いて留めてありました
これはね、私のお守りだよ
いつも肌身離さず着けているんだよ
君との強い絆のチェーンがね 私の宝物でもあるんだよ
それとね、デラ
ほらこれを見てごらん
デラが財布を覗くと紙袋が入っていて、そこには
目標○月△日購入
残り□ドル と書いてありました。

デラは眼を丸くして、なんとまあ・・・!
後は言葉になりません・・・。
胸の温かさが手の先まで届いた時間ほど経って
ようやく口を開いたデラは、
ポケットから大切そうにジムのプレゼントの櫛を取り出し、ほら見て(^-^) あれから3ヶ月
もう肩まで伸びたのよ
いつも持ち歩いてこうやって櫛をあててみるの
髪に素敵に留められた、姿が浮かんでくるでしょ
あと何ヶ月~♪
待つ楽しみが出来ちゃったの
ジム 楽しみを ありがとう


バスケットさん
あなたの為に書いた物語ですが、あなたの記事も引用させてもらい【クメール】記事にしていいですか?
纏め方はこれから考えてみます







クメゼミ塾長 | 2009.11.29 12:59 | edit
386. No title
はじめまして。

とてもいいお話です。
roserobe | 2009.11.29 14:01 | edit
387. Re:遙さんへ
<ありがとうございます>
お悔やみのお言葉、ありがとうございます。
心の準備ができていたから..大丈夫..。
ハム3、た~くんと天国で一緒かな?
た~くんの背中に乗っちゃったりして、きっと仲良くしてくれているよね。

私のことより、遙かさんのことが気になります。
日々色々ですが、お互い、頑張りましょうね!
388. Re:香奈子☆さんへ
<安らかな顔>
最後は、自分で作った木屑のアナグラのような寝床で、眠ったまま(多分)心臓が終わった感じでした。
苦しくてもがいた形跡は全くなく、それが救いです。とっても綺麗な顔でしたよ。
子供たちは、事実を信じられず、手のひらで暖めていましたが、変わらない状態を確認したら、諦めました。

「賢者の贈り物」
”相手を思いやる気持ち”そのものが、贈り物ですね♪
でも、せっかくの贈り物も、抱えたままじゃ相手に伝わらないと思います。
贈る方が決まったら、渡す勇気を持ちましょうね!!

389. Re:クメゼミ塾長さんへ
<ありがとうございます♪>
素敵な Story of continuation ありがとうございました♪
ジムは「絆のお守り」を、デラは「待つ楽しみ」を受け取りましたね。それまでの2人は高価な物が1番大切で、栗色の髪や金時計を周囲に自慢していた「愚か者」だったそうです。でも、このクリスマスにお互いの思いやりを贈り贈られて、本当に大切な物に気づきました。良かったです!
高価な物より愛を感じられる物..。
「ダイヤつきの腕時計よりも、あなたのいつも使っている腕時計が欲しい。あなたの鼓動と私の鼓動が重なり合って、いつも愛を感じられるから..。」なぁんてね。

『【クメール】記事にしていいですか?』
もし良ければ是非、紹介していただきたいなぁ..と思います!
O・ヘンリーが短編で終了したのは、読み手にその後を自由に考えさせる為でもあるように思います。「役立つ物に交換した」と考える人もいれば、「コミュニケーション不足」を指摘する人もおります。
贈り物については人それぞれ。クリスマスシーズンですし、みなさんに”心からの贈り物”について考えていただけるきっかけになると、嬉しいです!
それはきっと、クメゼミ塾長さんからみなさんへの”素敵な言葉の贈り物”になることでしょう..。
390. Re:roserobeさんへ
<はじめまして!>
コメントありがとうございます!いつもroserobeさんのブログに、おじゃまさせていただいております。
クリスマス近くなると、いつも思い出すんです。確か、中学校の時に英文を訳したような..。

相手の喜ぶ姿を想像する時間は、こちらも自然と顔がほころびます。
roserobeさんのトールも、心のこもった素敵なプレゼントになりますね♪
お花好きにはたまりません!!

またお時間がありましたら、是非お寄りくださいね。お待ちしております。

391. 雪の夜なんですね
ハムちゃん、天国に召されたんですね。
天国から見守ってくれているのでしょうね。


そちらは雪なんですね。


ブログ訪問・コメントありがとうございます。
試合のこと、こちらのブログに載せていないままでした。
これから、アップします。

えがお家 祐美 | 2009.11.29 22:54 | edit
392. こんばんは。
ハムちゃん、頑張ったのに・・・。
残念でしたね。
でも、チューリップバスケットさんも心の準備は
できていたようですので、覚悟していたことだったのでしょうか。
突然の別れよりはいくらか気持ちも違うのでしょうか。

雪の降る 夜に旅立つ 君だから せめて暖炉で 温かくして

私が以前飼っていた猫は13歳と高齢で私が殆ど世話をしていました。
ご飯を食べさせたり水を飲ませたり・・・
そんなある日彼女は、冷たい雨の日に旅立ちました。
その時、ストーブの前で冷たくなった身体を
温めてあげていたのを思い出しました。

何にしても命の終わりは悲しみに暮れますね。

賢者の贈り物・・・良いお話ですね^^
デラとジムは一番高価なものを手に入れたのでしょうね^^
お金じゃない、品物でもない、掛替えのない人の愛情のプレゼント。
最高の贈り物なのでしょうね。
考え深いものがありますね・・・。
sarah | 2009.11.29 23:15 | edit
393. Re:えがお家 祐美さんへ
<行っちゃっいました..。>
なんだか時間が経つほど、悲しさが襲ってくるのは何故でしょうね。
でも、大丈夫です。ありがとうございます。

お子さんの勇姿を見られなくて残念でしたね。
でも活躍ぶりを伺い、こちらも、ばんざ~い!という気持ちになりました!
純粋に頑張っている姿は、心うつものがありますよね。
「育児」は「育自」。子供から学ぶこと多しです。
それにしても、お子さんの可愛い関西弁に、きゅんです♪
私、関西弁に弱いんですよね~!(笑)
394. Re:sarahさんへ
<頑張りました。綺麗な最後でした。>
ちょっと時間が経った今、ウルっときますが、大丈夫です!
最後はおそらく..間違いなく..眠ったまま、ろうそくの火が静かに消えたと思います。
自分の1番安心できる場所の寝床でしたので、それが救いです。
子供たちは、命の終わりを五感で感じていたようです。やっぱりハムを手で暖めていました..。

「賢者の贈り物」
中学生の時に英文を訳したのが、このお話しを知ったきっかけだったと思います。
O・ヘンリーの作品に「最後の一葉」というのもあります。
こちらも考え深いです..。

Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。