FC2ブログ
プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ご家族のショック
本来は医療が必要なおばあちゃんが、勤務先のグループホームに入居されています
基礎疾患の状態に、グループホームの適応かどうか問題がある方でした。
(元々の病気が結構重症)
このままグループホームにいても、どんどん病状が悪化していきます。

そう分かっていてもご家族が選んだ判断は「ここで最後までお願いします」
という事でした。
それならばと
私たちもできるだけおばあちゃんには、最後の日まで、少しでも笑顔が出るように工夫をした生活を提供していこうと頑張っていました

予測通り、波はあるものの日ごとに弱っていくおばあちゃん
ここ最近は、身の置き所が無いような感じで、ベットの上で起き上がってはすぐ寝たりします。
「私より腹筋が強いかも」と思う程。
認知症からくるものではなく、基礎疾患からくる症状の可能性が高いとの事です。
背中をさすったり、手を握ったり、安心できるようにしていましたが、感情の方も、かなり不安定になってきているので、提携病院の医師に連絡し、安定剤を処方してもらいました
数時間でも、こちらもおばあちゃんも休めるように...。
食欲も落ちてきているのですが、何とか工夫を凝らしています。
もうそろそろ限界か?
明日少し点滴してもらおうかな?
そんな感じです。

入浴も「今だからまだ入浴できるので...。」と介護職員にお願い(笑)しています。
(看護師の私は入浴介助は業務に入っていないのです)
2人がかりで入浴介助をする職員の心身の苦労を考えると”当然のお仕事”という言葉だけでは、片付けられないと感じるのです。
(おばあちゃんには気を使わないよう”当然”と思ってもらえるようにしますが)
入浴後はこっそり職員にねぎらいの声をかけたりします。
何故こっそりかというと...。
”当然”としか見ない上司がいるので(笑)
(まぁ...それはそうなのですが...)

みんなで頑張っています(頑張っていました)

安定剤も、生活時間を考慮していつ使用するか考え中でした。


ご家族の面会される時間には、おばあちゃんは落ち着いていることが多かったのですが...。
先日、初めて不安定な時間のおばあちゃんを目の当たりにされて、ショックを受けられたのです。
不安定な時の様子も、ご家族にはお伝えしていましたが、耳で聞くのと、目で見るのとではやはり違いがあったようです。

改めて、ご家族で相談されて、もともと検査、治療はしないとおっしゃっていたご家族でしたが、やっぱり検査をして欲しいと、先日入院の運びとなりました

でも、病院の受入れはあまり良く有りませんでした
確かにこの年齢で、検査後、治療をするかどうか...。
そんな方が入院されてても。
そのような言い分でした。

今まで医療側にいたので、十分、理解できます。

うちのグループホームが3つ目の施設になるおばあちゃん。
おばあちゃんにとって、1番良いことってなんだろうと考えさせられます。

スポンサーサイト

2010.01.10(Sun) | 看護・介護のお話し | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tlpb.blog62.fc2.com/tb.php/139-0ab3a88c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
585. 難しいんです。。。
何とも言いようのない気持ちです。

年末に歯が痛くなった父は正月の休日診療所で抜歯をしました。
この年末の歯痛を訴える前には11月頃から、感情面の波が激しくなって
私も呑まれないように、平静でいるのが必死でした。

現在も、すぐに癇癪を起こします。少し私も寝不足になってきています。
しかしそれでも、家以外に手をお借りすることの意味を正直まだ私は
分かりません。病気が重ければ病院が良いですよね。
しかしそれも世間では色んな考えがありますね。
ガンですら、ホスピスとか余生をより自分らしくとか…

この日記に書かれている、おばあさんが、もし自分で考えて選択できる
状態ならば何を望むのでしょうか?私の父は何を望んでいるのか?

分からないから苦しいです。だから私が選択することが
少なくとも今出来るベストだと信じて進むしかありません。

このおばあさんのご家族も、これから又色々考えながらとなるでしょうが
その時に色んな分野のプロ達が良い反応をして手助けして下さることを
祈らずにはいられません。
ご本人も家族も今を手探りで進んでいるのですもの。
どんな選択をされても、きっとそれがベストであるとお祈りします。
香奈子 | 2010.01.10 09:35 | edit
588. Re:香奈子☆さんへ
難しいですよね..。
ホームでも怒りっぽい男性の方がおります。
はじめは驚きましたが、どんなことでいつ怒るかのポイントを掴むと、だんだんうまく心の交流ができてきました。
(言葉のキャッチボールはできませんが)
でも、その方から笑顔が出た時には「やったぁ!」と心の中でガッツポーズ。
その方の怒りの表現は、言葉だけで、まだ手が出ないから助かっています。
そんな毎日の事から、記事のおばあちゃんのように、行政含む医療体制問題の大きな問題とかかわりながら勤務しています。

『このおばあさんのご家族も、これから又色々考えながらとなるでしょうが、その時に色んな分野のプロ達が良い反応をして手助けして下さることを祈らずにはいられません。』
その方の人生が素敵であるように、ご家族や私たち職員や社会が一緒になってかかわっていけたならいいなぁと思います♪
だって..人はみんな幸せでいる権利があるんだもん。
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。