FC2ブログ
プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

君は今...
君は今...


君はあれからどうしているのかな

2人で聴いた月のささやきも

2人で観た星のほほえみも

あの頃のままだよ

掌に降り落ちる雪の結晶を

融けるまで見つめていたね

かじかんだ体も

君といれば温もりを感じた

今年の冬もまだ

僕は深雪に埋もれて

歩き出せずにいる

本当は

何よりも君が大切だったんだ

もう戻れないんだね...

想いの全てを空に投げても

僕の掌に帰ってくる

ほらまた

雪が降ってきた

君は今

何を観て

何を聴いているのかな...
スポンサーサイト

2010.01.11(Mon) | 詩のお話し | cm(10) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tlpb.blog62.fc2.com/tb.php/140-13e85ca1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
591. No title
伝えたいことや大切だった思い出も、
     いつかやがて
  雪の結晶が融けていくように
    静かに消えて雲散霧消に・・・。

やがて液体から水蒸気となり、雲となり、
     いつの日か、
   君の傍にハラハラと
    舞落ちる雪になりぬ

チャン | 2010.01.12 00:51 | edit
592. キュン。。。
ふぅ~涙がポロリ。。。

“想いで”は時に切なく、時に無常。。。

流れた年月に私はただ驚くばかり。

いつかバッタリ会った時、互いの白髪を見て“頑張って生きて来たんだね!”
…って言いたいから…
だからこれからも笑顔で居られるように生きなくちゃね(^^)
香奈子 | 2010.01.12 08:31 | edit
594. Re:チャンさんへ
出逢いと別れはつきもの。
人は「皆苦」の真理からは逃れられないみたいですね。
でもだから「皆空」を体現して「皆苦」を消し去る教えがあるのかな..。
(解釈が違っていたら教えてくださいね)

『静かに消えて雲散霧消に・・・。』
素敵な言葉を残していただいてありがとうございます。
純白の雪が青空から舞い降りてきたようです。
心ころころ青空になりました。
595. Re:香奈子☆さんへ
過去があるから現在があるんですよね。
時間を行きつ戻りつ..それでも確実に前へ進んで生きたいと思います。

いつか偶然に逢えたなら、まっすぐ見つめられるような自分でいたいですね♪
『互いの白髪を見て』
”しわくちゃおばあちゃん”と
”しわくちゃおじいちゃん”(笑)

596. 皆苦 の真理から逃げられないのか…『般若波羅密多心経』の解説
チューリップバスケットさんのご質問にお答えいたします
Q:『皆苦』の真理から逃げられないのか?
A:『苦』は人の心が作るもので実体はないのです
不幸に苛まれ悲しみに暮れている時に、突き刺さる言葉
いつもならなんともない言葉が氷の刃となって突き刺さることがありますよね
結局、執着やこだわりが我執となり、相手がこちらの状況や都合を分かっているとの勝手解釈による齟齬(そご=食い違い)が発生するのです
結局、同じ思いや言葉を伝えても(同じもの)その人の心次第で様変わり
心とはコロコロ変わるから『心』と言う
心が『苦』⇒皆苦なら逃げ場がありませんね
まして皆苦が真理なら救いようがありません
『苦』は心が感じることで実体はないのです
四苦八苦の一つ
『五陰(蘊)盛苦 ごおんじょうく』
五陰(蘊)⇒身体が五感(目・耳・舌・鼻・皮膚)で感じ心で感じる全てのもの
盛苦⇒心身で受ける全ての苦しみ(執着することから生じる苦しみ)
般若心経では
『五蘊(うん)皆空』⇒五蘊(陰)は皆空である
上述の五陰(蘊)は
執着することから生じる苦しみで実体はない
よって
『色即是空』
⇒見るもの感じるもの全てが実体はないのです
 ここで終わってしまったら、私たち凡夫は人生の虚無感、虚脱感に苛まれますよね
で、言葉は続くのです
『空即是色』
⇒実体のないものが見るもの感じるもの全てなのです

実体がないものに、こだわったり執着してはいけない
こだわりを捨てて自由になりなさい(波羅密多 はらみった=迷いの世界から悟りの世界へ)
そのことに目覚めたら素晴らしい智恵(般若)が得られ幸せになれますよ
『般若波羅密多心経』は三蔵法師(玄奘三蔵げんじょうさんぞう:孫悟空の師匠)訳です
三蔵法師は
苦しみや災難は実体がないことを知れば(悟り)
「度一切苦厄 どいっさいくやく」⇒全ての苦しみや災難を克服出来る
中国語に翻訳する時に
この言葉を付け加えました
般若心経の心髄を表す言葉ですね

この話しは
チューリップバスケットさんとのストロークとして
後日【クメール】でアップしますね
お楽しみに(゜▽゜)/

以上携帯からでした
疲れた(´△`)ファ-
チャン | 2010.01.12 22:31 | edit
597. キュンとなりますね
チューリップバスケットさま

ご心配をおかけしております。
優しいコメントをありがとうございました。

今日の詩、せつない感じで、ちょっと昔の恋の話を想い出すような。
胸がキュ~~ンとなります。
別れがあって、新しい出会いに繋がる。
せつない想いも、その時に必要な想い・感情だったなぁと感じました。
えがお家 祐美 | 2010.01.12 23:04 | edit
602. Re:チャンさんへ
たくさんの解説ありがとうございます。
指、つりませんでしたか?(笑)
お手数をおかけしてごめんなさい。

苦しい出来事は常に存在して人を襲い「般若心経が苦を消す為の教え」と感じていました。
でも「もともと実体の無い物だから、こだわる必要も無く、逃げることも無い。」
苦しい出来事は常に存在しているのではなく、自分の執着がうみだすもの。
感じ方しだいですね。苦と感じる人は苦。
そう捉えていいのでしょうか..。

『 苦しみや災難は実体がないことを知れば(悟り)「度一切苦厄 どいっさいくやく」⇒全ての苦しみや災難を克服出来る』
そうですね。
でも、またまた新しい疑問が出ちゃいました!
苦の反対の喜(?)快(?)もまた実体の無い物であるなら、これにもまた、こだわらない方が良いという事なのでしょうか..。「苦しみや災難」はよく例にあげられますが。

あっもしかして☆
「感じるのは感じていいけど(どうせ感じるなら喜びとして)喜怒哀楽にこだわらないで!」
みたいな感覚ですか??
603. Re:えがお家 祐美さんへ
祐美さんのきゅん..という胸の音、聞こえてきましたよ(笑)
今、思い浮かぶシーンを、素直に言葉にしてみました。

ここ北海道は一面の雪景色です!
ニュースで今年は雪が多いと言われていますが、全道的に多いのではなく、日本海側が少なく、太平洋側が多いのです。例年と逆です。
私の住んでいるところは日本海側なので、今年は雪が少なく助かっていますが(それでも真っ白ですよ)たいていシーズンが終わる頃には帳尻が合うので、これから降る!と覚悟はできています。
ごめんなさい。雪のお話しばかりをしてしまいましたね。
この詩も雪を見ながら浮かんだので..。

足首..お大事にして下さいね!
608. 喜にもこだわらない方がいいの? ⇒お答えします
〔Q〕
苦の反対の喜(?)快(?)もまた実体の無い物なら、これにもこだわらない方が良いという事?
「感じるのは感じていいけど(どうせ感じるなら喜びとして)喜怒哀楽にこだわらないで!」 みたいな感覚ですか??

〔A〕
恋人と二人で夜空を見上げたら
素敵なお月様がお空にポッカリ浮かんでいました
二人の愛を讃えるように煌々と輝いていたのです
ロマンチックなお月様は二人の愛を見守り温かく育んでくれた気がしたのでした
すべてが輝いて見えたあの時、あの瞬間 まさに至福のとき、幸せの絶頂の時
それから時が流れ・・・、愛を失って眺めるお月様は・・・
輝きを失くし寒々と心の芯迄凍てつくようです・・・。

幸せの絶頂の時のお月様は暖かく眩しく輝いていました
悲しみのドン底で見るお月様は思い出を背負ってる分
冷たく心に青く突き刺さるのでした
同じお月様なのに、お月様からすると迷惑な話ですよね
やはり、人の心が映し出すものであって、実体はないのですね

幸せ 快適 喜びも 執着すればするだけ、失った時の衝撃と悲しみは比例して大きくなりますよね
ひどい場合は命を絶ったり、ずっと先まで引きずり立ち直るきっかけさえ奪ってしまいます
喜怒哀楽は、未来へ引きずらないために、思いっきり、笑い・怒り・泣き・楽しむもの
と考えたいですね

幸せにしがみつく=執着
金持ちが金に⇒こだわる
深い愛情⇒これも執着に繋がる可能性があります

喜ぶな 悲しむな 愛するな
と言ってるのではありません

未知の素晴らしい明日を
悲しくて暗い未来にしないために、
そのことに執着するな、明日に引きずるな
と言ってるのだと思います

今を大切に
こだわらない心で
今を一生懸命に
キラキラと生きること

ではないでしょうか
チャン | 2010.01.14 00:35 | edit
611. Re:チャンさんへ
何度もごめんなさいね。

幸せにしがみつく=執着
金持ちが金に⇒こだわる
深い愛情⇒これも執着に繋がる可能性があります

やはり「喜」もまた然りなのですね。
『未来へ引きずらないために』これがキーワードですね。

素敵な例えと一緒に、お答えしていただいて、嬉しいです。
貴重なお時間を、ありがとうございました。
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。