FC2ブログ
プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

救急車騒動
先週の土曜日に、またまたグループホームから救急車

子供1が模試なので、私は土曜のお休みでしたが、早起きして、朝食とお弁当を作っていました。
ほぼ終わりそうな頃、携帯の鳴る音が...

どうやら入居者さんの様子が、おかしい...らしい
症状をきくと、脳外科系なので救急車要請をするように伝えました。
ホームは、朝の手薄の時間帯
今日は外出の予定も無いので「今、私もそっちへ向かいます。」と電話を切りました。

家の準備は完了。

えっと...次の準備は...っと。

そうそう!とても大事なこと!

ファンデーションと口紅。
とりあえず、これだけはしていかないと。
それから
セミロングの、ゆるカールヘアにムースを...
違う違う
そんなのやってる時間は無い。
え~い 結んじゃえ!!

車を安全に、飛ばして行きました

この時間は、病院受け入れの悪い、魔の時間帯です。
やはり近くは無理
搬送先がやっと決まり、救急車に同乗していざ病院へ。
救急車は高速に乗って、隣町へ連れて行ってくれました。
症状は、今のところ軽いようですが、検査をしてみないと分かりません...。

病院で検査の結果、臨時の応急治療で「ホームに戻っても大丈夫」という事でした。
ほっ...


ホームには、お昼過ぎに戻ってきました
戻られても以前のように動けるわけではないので、1~2日は十分注意して、現在の状態を把握しなければいけません。
以前と同じような食事や動きだと思って介護をすると、転倒や誤嚥をする可能性があります。
今は「何がどのようにできないのか」を知って、それに合わせることが大切なのです。
ご本人も、以前の自分だと思って動いてしまうので...。

でも、1日過ぎると、以前と同様に復活
毒舌も戻ってきて、一安心(笑)

2日目には、毒を吐くお口も絶好調
やっぱりそうでないとね!
良かった...。


なんとなく怪しい兆候はあったから、それなりの対応で、みんなで注意をして介護・看護していたのですが...。
不足だったかな...。
何が足りなかったのかな...。
見落としがあったかな...。

タイミングもあるとは思いますが
もう一度考えてみます...。
う~ん
スポンサーサイト

2010.01.27(Wed) | 看護・介護のお話し | cm(10) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tlpb.blog62.fc2.com/tb.php/148-f46be8a2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
670. No title
色々予防処置をしても、思わぬことが起きるもの
万難を排して、後は運を天に任せる
うまくいかなくても、心のしこりを残さないように、愉しくね~♪
自分の責任だと思ってしまうと悔やむ心がうごめき出すから気をつけて
(^^)√
クメゼミ塾長 | 2010.01.27 03:38 | edit
671. 時期もありますね。。。
今日私も日記に書きましたが、一昨日父の右手、腕に力が入らなくなり
昨日脳外科へ。新しい梗塞ではなさそうですが、右側の梗塞の影響の
ようです。
日々どんなに気をつけていても、昨日説明を聞いていて感じたのは
確実に脳の血管は傷んでいると言われ、
それはもうどうしようもないんだと、、、
この寒い時期って、高齢者には思いの外、厳しいと思うんです。
気力もそうです、中々同じペースは保てないんですよね。
でも、側に居るものは出来る限りベストを尽くすだけ。
もし何か起きても、それは“時期”や治療のタイミングも
あるんでしょうね。

もし今回父に新しい梗塞が出来ていたら今の医療なら3時間以内なら
元に戻せるのですね・・・
チューリップバスケットさん、記事を書いて下さって今そのことを
読めて良かったです。ありがとうございました。
ベストだと思うことをしましょう!それでも何かあったら気になるのも
人としてあるでしょうが、きっとご本人も納得してくれると信じています!

私も新たな目標ができました!右手復活をがんばります!!
香奈子 | 2010.01.27 16:29 | edit
672. Re:クメゼミ塾長さんへ
今私にできる精一杯の事をしているので、仕方がない事なのかなぁ..とも思いますが、自分自身のレベルアップは怠らないよう、心がけていきたいと思いました。

いろいろあって、日々勉強になります。
大変なこともありますが、楽しみもありますよ。
特にお昼時など..。

『自分の責任だと思ってしまうと悔やむ心がうごめき出すから気をつけて』
はい。ありがとうございます♪

673. Re:香奈子☆さんへ
驚きました..。
ここまで同じ出来事が出てくるとは..。
本当にビックリです。
(今回は、あまり歓迎しない出来事でしたが!)
どうしようもないけれど、今の状態から一歩前へ進む目標ができましたね。
私も、前向きに考えていこうと思いました♪
頑張りましょうね。

でも今度は、大歓迎のうふふ的な、同じ出来事が起きるといいですね♪
期待しちゃおっかなぁ~☆


674. 施設の難しさ。
ありますよねぇ。

きっと病院勤務していた看護師さんならな・お・さ・ら。

あまり症状が出てないうちから連れて行ったら、

「こんな状態で連れてくるなぁ~」ってなるし・・・、

少しでも病状悪化してから連れて行くと、

「こんなになるまでほっといて、あんたら何してたんだ?」

って、なるわけですから。。。

施設だと、最終判断は看護師任せになってしまうところですが・・・。

病院だとすぐに上申して、判断を仰げるところではありますが、

そこが、介護・福祉と医療の違い。

でも、病院で、施設のような生活は

できませんから~   ・・・ 残念。

そこが、介護施設のすばらしいところです。

医療と介護の連携。大変ですが切っても切れない関係ですね。

何事も無かったかのように毒を吐く、
元の姿に戻れてよかったですね(笑)
塩ケア | 2010.01.27 20:41 | edit
675. Re:塩ケアさんへ
『そこが、介護施設のすばらしいところです』
そうですね!
そこに惹かれて介護に世界に飛び込みました。
大変ですが、楽しいです。
こんなこと言うと失礼かもしれませんが、おもしろい!!
今まで医療側にいたので、そちらの言い分もよくわかるのです。
答えは1つじゃないこと、その時々で変わることetc..
どんな時も、多方面から物事を見ることができるようになりたいなぁ..と思います♪
色々学ばせてもらっています。
上手な毒の吐き方も含めて(笑)


679. No title
こんにちは。。

いつもホームのあのおばあちゃんの事・・大丈夫かな~~と届かぬ心配をしながらチューリップバスケットさんのブログを読んでいます。

今回の記事はまさに、その様子が手にとってわかるような出来事でした。と言っても、私は患者側の立場です。
テキパキと行動して下さった義母がお世話になった看護師さんを思い出しました。

あれ以来、お会いすることはありませんが、そばに寄り添ってくれたことは本当に心の底から感謝です。あの看護師さんたちを忘れることは絶対にできませんね。
でも、ホームだと家族の方はその場にいるわけではないので、どんなに大変な思いをされて、このような入居者さんと接しているかなんてことは知らずにお任せなんですね。。。
それもなんだか家族としてどうなんだろう・・とココロが痛みます。
それでも、損得を考えずにまっすぐにホームの方々と向き合っているチューリップバスケットさんの大きな人柄に頭が下がる思いです。

でも時にはいろんな葛藤と戦っていることもあるのでしょうが、頑張って下さいね。。。

お世話になった看護師さんとチューリップバスケットさんが重なって、また泣いてしましました。。。





ふわふ~わ。 | 2010.01.28 12:51 | edit
684. Re:ふわふ~わさんへ
涙にさせてしまって、ごめんなさい。
今後どういう状態になるか、心配でしたが、復活して本当に良かったと思いました..。

病院に到着して、しばらくするとご家族もみえました。
ある程度の治療と検査が終了した頃、おばあちゃんのそばに行けたのです。
本当は、いの一番に駆け寄りたかったけれど「ご家族が先!」と思い、遠慮しました(笑)
こんな時、自分の立ち位置も気になっちゃいます。
色々、学ばさせてもらっているのです!

救急車のおばあちゃんは、その時のことをしっかり覚えており、嬉しいことに私とは「大変なことを一緒に乗り越えた」という絆を感じているようです。
でも時期に忘れてしまうのでしょうが(笑)

ふわふ~わさんもお忙しい事と思いますが、一緒に頑張りましょうね!
また是非、お話しを聞いて下さいね♪


692. 何もなくて良かったです
お休みの日なのに・・・大変でしたね。
毎日、携帯当番ですか?
チューリップさんが駆けつけて下さるからこそ
スタッフは安心して働けますね。
でも、休みの時でもなんだか
落ち着かないですね。

判断に迷うことがあっても大丈夫ですよ。
きっと、その時その時一番正しいと思う選択を
していますから。
先生から聞いたお話なのですが
海外で飛行機に乗っていて
「お医者様がいらしたら」という機内アナウンスで行ってみると
何の病名を疑ったのか忘れたのですが
病院での早急な治療が必要と判断して
引き返したんだけど、疑った病名ではなかった、と。
先生でもそんなことがあるのです。
それを聞いてからは、ためらうことなく
救急車を呼べるようになりました。
こゆめ | 2010.01.30 06:23 | edit
694. Re:こゆめさんへ
『携帯当番』
スタッフが判断に迷う時は電話が来るのです。
たいてい来ますが..(笑)
未経験のスタッフもいるので、お風呂に入っていいかどうかの内容もきたりします(笑)
ははは。
その都度、自分の答えが出るように導いたりしています。
その人によって確認だけしたかったり、本当に判断できなかったり様々ですが..。
そのうち自分で判断できるようになるでしょう。

『先生から聞いたお話なのですが』
ありがとうございます。
その時に1番良いと思って行動するので、それ以外はないのですよね。
でも、ベストな判断ができるよう、その都度ケースを振り返り、学ぶ気持ちを忘れないようにしたいと思っています。
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。