FC2ブログ
プロフィール

チューリップバスケット

Author:チューリップバスケット
お花との想い出を綴っていきたいと思います...

カウンター
最新記事
最新コメント&お返事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

新しく入居されたおばあちゃん
ご家族が
「在宅介護が出来るようになったので」という事で
とうとうグループホームを退居されたおばあちゃん。
元気でね...。

グループホームのお部屋が空くことは稀なのですが
”入居予約”の方は、ホーム長によると、たくさんいらっしゃるようです。


別れあれば出逢いあり。
新しく入居されたおばあちゃんと病院受診でした

そのおばあちゃん
もともと住まわれていたご自宅は、グループホームと目と鼻の先の
市営住宅に独居でした

認知症が進んだおばあちゃんの事を、ご家族が心配されて
入居となったのです。

ご本人は入居するのを嫌がっていました
何とか説得されて、しぶしぶ承諾した様子です。
病院の行き帰り、同じ事を何度もお話しされていました。
まぁ...
それが認知症の症状なんですが。

「子供4人もいるのに、私は捨てられたの。」
「独り暮らしを心配されたんですよ。きっと...。」

「惨めだわ、死んだ方がましだ。」
「もしものことがあった時、何日も放置されていた方が
   よっぽど惨めじゃないですか~?」

「とうさん(亡くなったご主人)早く迎えに来ないかな。」
「来る時には、ちゃんと来てくれますよ。まだって事は、まだなんですよ。」

「あっちで(天国)恋人いるから、私にまだ来られちゃ困るんだわ。」
「あらモテモテなんですね!でもそれはちょっと心配ですね~。
   お気持ちはわかりますよ!!
   ○○さんも負けないで、こっちで恋人を作ったら如何ですか?
   そしたら心配して、お父さんも覗きに来てくれるかもしれませんよ。」

 ~2人で大爆笑~ 

そこで私の携帯が鳴りました

ちょうど信号待ちになり、メールを確認すると
すかさず
「彼氏からかい?」
「え!?」

それまで、何度も同じ会話のやり取りを、繰り返し私としていたおばあちゃんなのに、とってもクリアな反応に、こちらが驚いたのです

入居者さんのおじいちゃんおばあちゃんは、
携帯電話なんて、ご存じないかと思っていました。
(ごめんなさい
もしくは、ご存知であっても
携帯電話に感心があるとは思っていませんでした
「なんか電話器みたいな物が鳴ってる」
ぐらいにしか感じないのかなぁ...と勝手に思い込んでいたのです(汗)

でも、そのおばあちゃん実は、電話魔だったようです
淋しがり屋なんですね。

入居後まもなくのある日
長女さんの声が少しだけでも聞きたい..と言われたので
ホームから電話をかける手配をしたそうです。
その後、ホーム長に
「せっかく入れたのに(グループホームに)迷惑だから電話を
 かけさせないで下さい
と長女さんから連絡があったそうですよ
こわっ
確かに、ご家族さんのご都合があっての入居ですが...。

でも、長女さんは体が弱く療養中であったことがわかりました。

私たちの情報不足でした

認知症の方とご家族が、離れることによって、お互いが幸せになれるよう
かかわっていかなくてはならないのに...。
反省反省

新しい環境に慣れるまで、不安定になるのは当たり前なので
初段階でもベストなケアを、ご家族も含め、提供していく為には
アセスメントが重要だなぁ...と感じましたよ。
スポンサーサイト

2010.04.17(Sat) | 看護・介護のお話し | cm(8) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tlpb.blog62.fc2.com/tb.php/193-b8a79dc4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1019. No title
入居させる人
入居される人
確かにニーズが違いますよね
入居される人は認知症の問題もあり
それだけを鵜呑みにしてはまずいのですね

よく話しを聞いてコミュニケーションを図ること
文章にすれば簡単ですが、日常の中でかかる問題をなくすには
関係者のコンセンサスを得ること
特に初めての人ですね

色々経験されながら、精度を上げていってくださいね
応援します~o(^0^o)♪
クメゼミ塾長 | 2010.04.17 01:38 | edit
1020. ゆっくり。。。
いつも感じることで、お世辞でもなんでもなく、チューリップバスケットさんの
姿勢に、頭が下がると同時に有りがたくなります
ゆっくりと新しいおばあちゃんとご家族のサポートをして差し上げて下さいね。
香奈子 | 2010.04.17 11:38 | edit
1021. Re:クメゼミ塾長さんへ
『特に初めての人ですね』
そうですね。
初めての方は、情報が取れなかったり、間違った情報があったりで、難しいですね。
お付き合いしながら理解していくような、時間に余裕のある事柄も有りますが、初めから知っておいた方が良い事もあるかと思います。そこの見極めが肝心ですね。
『 応援します~o(^0^o)♪』
ありがとうございます。
チューリップバスケット | 2010.04.17 12:44 | edit
1022. Re:香奈子さんへ
『 ゆっくりと新しいおばあちゃんとご家族のサポートをして差し上げて下さいね。』
応援、ありがとうございます。
初めての方は手探り状態です。
ご家族の状況など、もっと情報が欲しいところですが、ケアマネ(ホーム長)とご家族の間にも、まだお互いに様子を伺うような関係のまま入居に至るので、なかなか難しいですね。
チューリップバスケット | 2010.04.17 12:50 | edit
1023. No title
看護にしろ 介護にしろ 厳しい現実が見えてしまう
それも幾面もの現実がです・・・そんな仕事ですよね、

経験豊富な チュ-リップさん・・十分 心得ていると思うのですが
患者さんに 同情して 入れ込み過ぎて?・・本人が(ウツ)になった
看護師さんや医師を 知っています、

一人で背負うのは・・・重すぎますよね
そこらへんを 気をつけて・・・頑張って下さいね。
冬山 枯木 | 2010.04.17 15:03 | edit
1024. まさしく、先入観。
じいちゃんだから、ばあちゃんだから、認知症だから・・・。

まさしく、専門職の先入観ぁ~んっが、邪魔をするっ(笑)

先日テレビで、恋をするのも、
認知症予防に効くって番組見ましたよ(笑)

すでに、チューリップさんは実践者!?だったのですね(驚)
黒電話ケア | 2010.04.17 17:55 | edit
1025. Re:冬山 枯木さんへ
『一人で背負うのは・・・重すぎますよね。そこらへんを 気をつけて・・・頑張って下さいね。』
ご心配いただきありがとうございます。
確かにホームで看護師は私1人ですが、看護師の私がいなくても動いていく、それが理想のグループホームだと思います。
医療の出番なんて、無い方が良いですものね。
それと、冬山さんに負けないくらい楽天家なのです(笑)
今度、お手合わせ願います~(笑)

チューリップバスケット | 2010.04.17 20:42 | edit
1026. Re:黒電話ケアさんへ
『専門職の先入観ぁ~んっが、邪魔をするっ(笑)』
うわっ。言葉にしないで下さい!
「認知症 数字の把握 出来ぬはず
       なぜに私の 歳覚えてる」
今、出来ました(泣)

携帯のメールは残念ながらお仕事メールでした~。
私は認知症まっしぐらのようです。
チューリップバスケット | 2010.04.17 20:51 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。